第15回ゼミ:2016/7/24(日)09:00-13:30

気温23℃。夏とは思えない過ごしやすい気候の仙台で,第15回メディア教育論ゼミは開催されました。

今日のゼミでは,堀田先生から,大学院での研究姿勢に関して,院生の私たちの身の引き締まる熱いご指導がありました。
「本気ならやるしかない。本気でないなら早めの退散がお互いのため。義務教育でもなんでもないのだから。本気でやるのも,退散するのも強い意志が重要」
私たち院生は,常にこの言葉を念頭に置き,強い意志で研究に取り組まなければと思いました。

休憩時間には,ゼミ生の査読付き論文採録決定,国際学会発表決定の盛大なお祝いが行われました。
ゼミでは,論文や発表1本が決定するごとに,「ほりたん危機一髪」(写真)に,1本の剣を刺すことにしています。「ほりたん危機一髪」は,「黒ひげ危機一髪」というおもちゃのようなもので,D2の板垣さんが作り,堀田先生にちなんで名づけられました。全部で50本の剣が刺さると,上部にとりつけられた堀田先生人形がぴょんと飛び上がり,先生が飛び上がって喜んでいるように見えるという仕掛けになっています。
今日は,この「ほりたん危機一髪」に,一気に7本の剣が刺さりました。前回のゼミからおよそ2か月。この間,ゼミ生の査読付き論文が3本採録決定,査読付き国際学会での発表が4名決定したのです。(論文採録:D3槇さん,D2佐藤さん,D2登本さん,国際学会発表:D3後藤さん,D2佐藤さん,D2登本さん)
「メディア教育論ゼミ」が始まって1年8カ月。最近,ゼミ生の論文や発表の採録が続いています。堀田先生のご指導が着実に実りはじめているのを感じます。
論文採録と発表の決まった4人には,お祝いのウィスキーも手渡されました。
(報告:D1村井)

真剣な議論
真剣な議論
ほりたん危機一髪
ほりたん危機一髪
ウィスキーリレー
ウィスキーリレー
そして恒例のうなぎ
そして恒例のうなぎ