horitan のすべての投稿

第68回ゼミ(オンライン開催):2022/01/09(日)09:00-11:55

第68回のメディア教育論ゼミは,堀田先生,長濱先生,川田先生,現役ゼミ生6名,OG・OBなどオブザーバー4名の計13名の参加となりました。もう少しすると対面での開催も可能になってくるのではないかと思いつつ,今回もオンライン開催でした。
3月修了に向けたお二人の先輩方が,予備審査での気付きや博士論文提出の準備の過程を報告してくださいました。堀田先生曰く「8割はこれまでの先輩が報告してきたことと同じ」とのことですが,繰り返し報告していただくことは,後に続く者にとって,大変ありがたいことです。
また,研究生の報告は,長濱先生・川田先生とキャンパスでのディスカッションで練り上げられたものでした。対面だからこそ議論が進んだということが伝わってきて,対面でのゼミ再開が一日千秋の思いで待ち遠しいです。
ゼミの最後,論文採録記念で「ほりたん神社」にリボンを結びつける儀式がありました。今回で神社のリボンが30本となり,ひと区切り。第1弾の「ほりたん危機一髪」の50本と合わせて,現役のメディア教育論ゼミ生で80本が採録されたことになります。さらなる積み重ねができるように,精進します。
(報告:D3渡邉)

ゼミの様子

ほりたん神社に30本目のリボン

第67回ゼミ(オンライン開催):2021/11/14(日)09:00-11:45

オンラインで開催された第67回のメディア教育論ゼミは,11月に東北大学のメディア情報学講座に着任された長濱澄先生が初めて参加されました。
長濱先生は「学会などでの人との関わりが楽しくて足を運んでいて,それが研究実績につながった」というお話をされていらっしゃいました。これから長濱先生とのつながりによる研究が生まれそうで楽しみです。
今月末には,来春博士号取得を目指す院生の博士論文の予備審査が行われます。
堀田先生から,予備審査に向けた心構えとして,「自分としては完成に近い原稿が書けています。先生方にご指導いただいてよくしていきたい。という姿勢で臨むのがよい」というご指導をいただきました.
堀田先生およびゼミ生から予備審査用の論文の印刷や製本に関する情報共有も行われました。
私自身も予備審査に臨みますが,ゼミのSlack上でも,ゼミ生の皆さんが毎日のように論文チェックをしてくださり,心強い思いでいます。皆様へのご恩に応えられるよう,しっかり準備をしたいと思います。
メディア教育論ゼミは,コロナにより1年半以上オンラインで実施されていますが,緊急事態宣言が明けたことを受け,対面に向けた検討も始まりました。皆さんとの再会を楽しみに待ちたいと思います。
(報告:D3村井)

ゼミの様子
研究生の阿部先生の発表

第66回ゼミ(オンライン開催):2021/10/10(日)09:00-11:40

第66回のメディア教育論ゼミはオンラインで開催され,堀田先生,川田先生,現役ゼミ生5名,OG・OB4名の計9名が参加しました。
まずは現役ゼミ生から各自の研究の進捗報告が行われました。今年度や次年度の学位取得を目指す現役ゼミ生が多くを占めるようになり、例えば、個々の特徴にあった業績一覧の示し方を戦略的に行なっていくことや、論文の了解性の重要さなどを再認識する機会となりました。
次にOB・OGからの近況報告や研究の進捗報告が行われました。研究以外の仕事を持つ中で、研究を継続するためのタイム・マネジメントの工夫や、実践者コミュニティ運営に関する取り組みなどの共有がありました。このようにOB・OGがゼミに参加し続けていただけることに大変刺激を受けるとともに、現役ゼミ生にとって、OB・OGは博士課程修了後の研究への向き合い方に対するロールモデルであると感じました。
(報告:D3小田)

オンラインゼミの様子
発表の様子

第65回ゼミ(オンライン開催):2021/09/05(日)09:00-12:20

第65回のメディア教育論ゼミもオンライン開催で,堀田先生,川田先生,現役ゼミ生6名,OG・OB5名の計13名の参加となりました。
各自の報告を通して,先行研究のレビューには時間がかかることや,研究には旬があることなど,大事なことを繰り返しご指導いただきました。また,OB・OGの皆さんからも,ゼミ生の各自の報告にSlackでアドバイスをいただいたり,ご自分が現在進めている研究の報告をいただいたりと,大いに刺激をいただき,ありがたかったです。
ゼミでは,論文採択の記念としてオブジェにリボンを結びつける儀式があります。第1弾の「ほりたん危機一髪」が50本でした。第2弾の「ほりたん神社」が30本中,今回で29本になりました。そして,もうすぐ神社が終わるということで,板垣先輩と川田先生による第3弾のオブジェのお披露目もありました。早く次世代のものの出番が来るように頑張ります。
(報告:D3渡邉)

オンラインでのゼミの様子
ほりたん神社に29本目の参拝
第3弾の装置の裏側

オンライン夏合宿(第64回ゼミ):2021/08/07(土)~2021/08/08(日)

毎年恒例のメディア教育論ゼミの夏合宿が行われました。
新型コロナウィルス感染症の拡大のため,今年もオンラインでの実施となり,各自リモートからの参加で実施されました。外部から講師の先生方8名,オブザーバー3名の方々をお招きし,さらにOBOG9名,ゼミ生5名(博士課程後期)+1名(研究生),特任助教の川田先生,そして堀田先生の合計28名による合宿となりました。
堀田先生の挨拶からスタートし,ゼミ生の意気が高揚するとともに,より良い合宿にする決意をもって今年の夏合宿が始まりました。まず,博論検討第1ラウンドです。3グループに分かれて自分の研究を発表し,講師の先生方からたくさんのご指導とアドバイスをいただきました。続いてOG八木澤さんの講話「私の博士論文」では,「4つの壁と3つの装備」という博論を書く際の壁と装備についてのお話をいただきました。続いてOB荒木さん,OG登本さんから,博論を書き上げた研究者としての近況報告をいただきました。1日目の総評として小柳先生(関西大学)からは,これからの時代の教育実践研究における研究倫理に関するご助言をいただきました。最後に堀田先生のまとめで1日目が終わりました。
夜の部「懇親会」では,各自の近況報告のほか,グループに分かれての博論に対する熱い議論,情報交換,交流が行われました。楽しい夜のコミュニケーションが行われて,濃く深い学びの1日が終わりました。
2日目は,最初に博論検討第2ラウンドが行われ,先日とは違う先生方に自分の研究の発表をしました。続いてOB佐藤さんによる「私の教育工学実践」の講話がありました。佐藤さんの教育工学者として生き様,継続する力の強さをゼミ生は受け取りました。続いて総評として高橋純先生(東京学芸大学)による,これからの変化の激しい時代に生きるとともに,教育工学に関わる者として,さらに堀田研のゼミ生としての心構えのお話をいただきました。グループによるディスカッションと発表の後,最後に堀田先生から「野望に戻る」という研究者としての生き方のお話をいただきました。
メディア教育論ゼミというチームは,この夏にまた一歩大きく前に進みました。
(記録:D3稲垣)

オンライン夏合宿の様子
村井さんの発表

院生が学会賞を受賞しました(2021/07/15)

オンラインで開催された国際会議 IAAI 10th International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI2021) にて,渡邉光浩君が「Best Paper Award」を受賞しました。

情報科学研究科のWebサイトへの掲載記事

メディア教育論ゼミの院生の研究がこのような形で学術的に認められることはたいへん嬉しいことです。
御指導・御助言いただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。
(堀田)

第63回ゼミ(オンライン開催):2021/07/11(日)09:00-11:40

第63回のメディア教育論ゼミは,これまでに引き続きオンラインで実施されました。堀田先生,現役ゼミ生,OB・OG合わせて11名が参加しました。オンラインでの開催に慣れてきて,そのメリットを感じる反面,いつかまた対面で堀田先生やゼミ生の皆さんとしっかりと話し合う時間も持てたらと感じました。
今年度の学位取得を目指すゼミ生に対しては,博士論文の題目や構造についての具体的なアドバイスが行われました。しっかりと構造を通すことで,序章や先行研究に何を含めるのかが定まってきます。また,論文のフォーマットなど見えないところにも多くの時間が必要なので,想定の3倍以上の時間がかかることを見込んで進めなければならないことを学びました。また,個別の研究についても具体的な指導が行われました。研究は個別の事象を対象としていたとしても,そこから教育的価値へと結びつけることが大切であることも学びました。
次回のゼミはオンラインでの夏合宿となります。本日のゼミ終了後には,夏合宿に向けて幹事の打ち合わせをオンラインで行い,当日の流れや,システム面,今後のスケジュールなどの確認を行いました。有意義な合宿となるよう幹事一同で引き続き,合宿に向けて準備を進めていきたいと思います。
(報告:D3小田)

オンラインゼミの様子

第62回ゼミ(オンライン開催):2021/05/30(日)09:00-11:40

第62回のメディア教育論ゼミがオンラインで行われ,堀田先生,現役ゼミ生,OBを合わせて12名が参加しました。
現役ゼミ生の中には,本年度中の学位取得を目指すゼミ生も複数おり,博論の進め方や組み立て方に関する具体的な指導が行われました。
ゼミでは,論文が採択されるたびに,「ほりたん神社」と名づけられたオブジェにリボンが結び付けられています。今日のゼミ終了後に,特任助教の川田先生が,採択された本人に代わってリボンを結びつける「代理参拝」を行ってくださいました。今回結びつけられたリボンは,この3か月に採択された6本です。
今回のリボンで,リボンを結ぶスペースがいっぱいになり,堀田先生から,新たなオブジェを制作したらどうかという提案が出されました。論文採択を記念するオブジェとしては,「ほりたん神社」は,第1弾の「危機一髪」に続く第2弾でした。いずれも木材加工が得意なOBの板垣さんが手作りしてくださっています。
第3弾がどのようなものになるのか,楽しみにしたいと思います。
(報告:D3村井)

オンラインゼミの様子
ほりたん神社のリボンが一杯に