horitan のすべての投稿

第33回ゼミ:2018/04/22(日)09:00-13:00

本日,第33回のメディア教育論ゼミが行われました。学位を取得された先輩方がゼミを去り,新たに2名の新入生を迎え,ゲスト参加を含め16名の参加者でした。青葉山キャンパスの木々は新緑が芽き,4月らしい景色でしたが,本日の最高気温は30度と暑い一日となりました。

ゼミでは,その暑さに負けないぐらいの熱い議論が続きました。一人一人の研究の進捗状況の報告は前回からの前進ぶりを示すものでした。堀田先生からは,「論文の書き方には技術がある」「怒りのない論文は心に残らない」「引用は厳密に」等,私たちが共通して心しなければいけないことをいくつもご指摘いただきました。また,私たちのゼミのよさである「他者からの学びを自分の論文に生かすことの大切さ」を,一人一人が自覚することができたゼミでした。

ゼミ終了後は恒例の「ほりたん危機一髪」です。該当者が不在だったので今回は担当者が剣を刺しました。今回で43本となり,目標としていた査読論文の合計50本まであと7本となりました。ゼミメンバーの精力的な取り組みでここまで来ました。また,博士号を取得した佐藤(和)さんから博士論文の製本が届き,道標があることの有難さを感じました。お昼のうな重では,「なぜゼミ終了後にうな重なのか」というエピソードも公開され,和気藹々の中で終えました。
(記録:D1佐藤)

ゼミの様子

剣を刺す係の大久保君
恒例のうなぎ

第32回ゼミ:2018/03/18(日)13:00-17:00

第32回のメディア教育論ゼミが,毎年年度末恒例の東京を会場としたゼミとして,東北大学東京分室で開催されました。ゲストとして,大学教員1名,修了生2名,学部3年生2名の参加があり,合計17名の参加となりました。
最初に堀田先生から,ゼミ運営についてのご指導がありました。「自分で学んでいくゼミを作る」というお話をいただき,修了生や3月で修了する3名の方のためにも,より良いチームとなるように,この言葉を胸に刻んでいきたいと思います。佐藤さんと板垣さんによるアメリカ研修の報告後,博士論文の執筆にもっとも近いゼミ生から順次発表を行い,堀田先生やゼミ生からの質問や助言を受けながら,議論が展開されました。堀田先生からは,博士論文,査読論文の作成では「型」を大切にすべきとのご指摘があり,それを各自の研究をいかに当てはめるか,論文中で使用する一つ一つの言葉は厳密に用いるなど,論文を作成する上での指針をゼミ生ごとに示していただきました。
今回はゼミ開催前のランチで,堀田先生のお誕生日のお祝い,間近に修了を控えた佐藤さん,板垣さん,望月さんに花束と記念品の贈呈が行われました(兪さんは欠席でした)。修了される皆さんが研究に真摯に取り組む姿勢を示していただいたことに感謝するとともに,論文作成やゼミ運営のために残してくださった多くのものを,メディア教育論ゼミの文化として継承していきます。
(記録:吉田)

東京分室でのゼミ
修了生は今回が最終回
お祝いのケーキ

第31回ゼミ:2018/02/25(日)09:00-13:00

本日,第31回目のメディア教育論ゼミが行われました。ゲストとして,現職教員1名,修了生1名,学部3年生2名の参加があり,合計18名でのゼミでした。
本日は,東北大学の学部前期入試の初日のため,大学構内で多くの受験生を見かけました。受験生達の緊張した面持ちにエールを送りながら,ゼミが開始されました。
本日のゼミでも,博士論文計画書の大切さ,研究構想をあらかじめ持って戦略的に論文を作成することの大切さなどがテーマとしてあがりました。
メディア教育論ゼミでは,自分の体験を振り返って共有する文化があります。本日も国際学会への投稿のための論文執筆や,博士論文のプロセスの振り返りがゼミ生から共有されました。他者のプロセスを追体験することで,自分が同じ状況になった際の心構えもでき,またその経験への堀田先生や他のゼミ生からのコメントによって,背景となる考え方も理解することができました。
ゼミ終了後,恒例の「ほりたん危機一髪」では,1名が剣を刺しました。査読論文が通過したら剣を刺すという「ほりたん危機一髪」は,まもなく任務終了の予定。既に刺さった多くの剣が,これまでのゼミの実績を物語っています。今日は板垣さんより,第二世代として手作りの「ほりたん神社」が贈呈されました。鳥居の先には,堀田先生と既に博士号を取得した登本さんの姿が。今後この2人の周りに,博士号取得者の姿が増えていく予定です。
最後は恒例のうな重で,ゼミで使いきって空っぽになったエネルギーをしっかりと補給しました。
(記録:D1小田)

ゼミでの議論
臼井さんが論文採録
ほりたん神社

第30回ゼミ:2018/01/21(日)09:00-13:00

メディア教育論ゼミは,今回が30回目という節目をむかえました。
堀田先生のほか参加者は18名で,そのうち学外から大学3年生2名の参加もありました。遠方から夜行バスなどを利用して参加して下さったというエピソードからは,メディア教育論ゼミでの学びにかける思いが汲み取れました。
2018年最初のゼミということで,堀田先生から訓示を頂き,みなそれぞれの目標を再確認しました。
前回のゼミから今回までの間に採録が決定したゼミ生の査読論文は3本でした。
博士論文審査中の2名も査読論文を増やす結果となり,学位取得にむけて勢いがついた形です。
ゼミが終了してまもなく,青葉山には雪が舞いました。あすから都内でも積雪の予報が出ており,交通機関への影響も心配されています。その大雪の影響を受けることなく今年最初のゼミが無事に開催され,一同安堵して帰路に着きました。
余談ですが,ゼミ恒例の「うな重」は,普通盛と大盛があります。うなぎのボリュームは一緒でごはんの量が違うのですが,その差は写真の通りでした。現場からは以上です。
(記録:D3臼井)

今日のゼミの様子
論文が採録されたメンバー
うなぎの普通と大盛

第29回ゼミ:2017/12/03(日)09:00-13:00

今日の最低気温は0度。肌を刺すような本格的な寒さの仙台・青葉山で,第29回ゼミが行われました。
参加者は過去最高の22人。修了したゼミ生や,大学に就職したゼミ生の研究室の学生,他大学の学生などがゲストとして参加し,メディア教育論ゼミのネットワークの広がりを感じる回になりました。
前回のゼミからの約1カ月間に採録が決定したゼミ生の査読論文は4本。そのうち1本は,修士課程を修了した相沢君によるものでした。
今年9月にメディア教育論ゼミ第1号の博士号を取得した登本さんからは,博士論文の製本が届きました。
堀田先生からは,修了後の研究のあり方について,修了後もゼミと関わりのある共同研究を続けてほしいこと,その一方で自立した研究者としてやっていくために堀田先生以外の人とも共同研究ができるようになっていく必要があること,などお話がありました。
(記録:D2村井)

たくさんの参加によるゼミ
論文が採録されたメンバー
熱く語る堀田先生

第28回ゼミ:2017/11/05(日)09:00-13:00

本日,第28回メディア教育論ゼミが行われました。
ゼミの開始時刻9時台の仙台の気温は9.4度と,10度に達しない寒さでしたが,講義室で行われた議論はいつもと変わらず熱いものでした。
今日のゼミでは,各自の博士論文の指導を通して「博士論文を書くためのセオリー」「博士論文におけるオリジナリティ」「ゼミにおける学びのメリット」の3点が話題に挙がりました。
具体的には,博士論文の各章には書かれるべき内容があり,例えば研究の背景を語る第2章では,それ以降に出てくる先行研究が取り上げられていなければならないこと,社会人学生が多いゼミにおいて,自分の仕事の経験を生かすオリジナリティをどのように研究に取り入れるのかということなどについて指導がありました。
また,上記のようなセオリーやオリジナリティの追求の仕方は,どこにも書かれていない,誰も教えてくれないものであり,ゼミに出て話を聞いているかどうかは学びとしてとても大きなものであると,ゼミでの学びについての価値付けもありました。
ゼミ後,恒例の「ほりたん危機一髪」では,欠席者2名を除く3名が剣を指しました。
そして,こちらも恒例のお昼のうな重では,白熱した議論で消費したエネルギーをしっかりと補充することができました。
(記録:D2八木澤)

白熱した議論
3名が「危機一髪」に参加
ごちそさまでした

登本洋子さんが博士号を取得しました(2017/09/25)

登本洋子さんが「中学生に情報リテラシーを育成するための支援に関する研究」にて,博士(情報科学)の学位を取得しました。学位記授与式では,修了生代表挨拶を務めました。

メディア教育論ゼミの院生として初めての博士号取得。後進が続いてくれることを期待しております。
御指導・御助言いただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。
(堀田)

修了生代表挨拶
記念撮影

第27回ゼミ:2017/09/10(日)09:00-13:10

秋の爽やかな風を感じるようになった9月10日(日),第27回メディア教育論ゼミが開かれました。
今回から新たに3名の方をメンバーに迎え,総勢20名によるゼミ開催となりました。
最初に堀田先生から,今後のゼミの進め方についてご指導がありました。ゼミ運営に対する各自の携わり方や,陰で支えてくれている人の存在を忘れてはいけないことなど,メディア教育論ゼミがチームであるために大切なことばかりでした。
また,博士論文の提出を目指しているゼミ生が増えてきていることから,博士論文提出までのスケジュールについてもご説明いただきました。博士論文を完成させるためには,先の見通しをもってかなり早めに,かつ質を高く仕上げなければならないことを改めて感じ,まだ道のりが遠い私であっても,気持ちが引き締まりました。

各ゼミ生の研究報告では,はじめに修了を間近に控えた登本さんから,博論執筆の際に役立ったWordやExcelの機能の紹介がありました。研究に直接関わる内容ではありませんが,こういった情報を共有していただけるのも,メディア教育論ゼミならではの良さです。
その後,修了が近い順番に各自の研究の進捗状況を報告していきます。今回は博士論文の構成について,多くのご指導がなされました。これまで査読論文にしてきたそれぞれの研究を一本の筋の通った論文にするのは簡単なことではありません。ご指導をいただいている発表者だけではなく,これから後に続く他のゼミ生も,貴重なご指導の言葉を聞き漏らすまいと,前のめりで聴いていました。
今回のゼミでは「研究には哲学がなければならない」というお言葉が印象的でした。なぜ自分はその研究をするのか,動機となっている怒りは何なのか,研究の成果は社会にどのように貢献するのか。こういったことは研究者として日々考え続けていくべきことなのだと,ゼミに参加するたびに強く感じます。

ゼミの終了後,修了を間近に控えた登本さんに,花束の贈呈が行われました。大変感動的な瞬間でした。これまで,研究に真摯に実直に取り組む大切さを示し続けてくださった登本さん。これから登本さんが残してくださった多くのものを,メディア教育論ゼミの文化として引き継いでいきます。

その後は,恒例のうな重をみんなで美味しくいただきました。ゼミ生みんなで,よく学び,よく笑い,よく食べる。これもメディア教育論ゼミの良さだと実感するランチをもって,ゼミが終了となりました。
(記録:D1大久保)

ゼミの様子
登本さんにとって最終回の参加
恒例のうなぎ

遠刈田合宿(第26回ゼミ):2017/8/5(土)~2017/8/7(月)

メディア教育論ゼミの3回目の夏合宿が,昨年に続き宮城県刈田郡蔵王町に位置する遠刈田温泉で行われました。
講師の先生方,ゼミ生,そして応援団の総勢28名が参加しました。

遠刈田は「とおがった」と読みます。道中,「遠刈田はとおがった(遠かった)なぁ」という人は一人もいませんでした。二度目の訪問だったからかもしれません。
しかし昨年と大きく違うのは,ペンションを貸し切りで使用させてもらったことです。2泊3日,朝から晩までまさに寝食を共にしながら私たちゼミ生は何をしたのかといいますと,自分と自分の研究に磨きをかけました。
ちょうど仙台にお越しだった第一線でご活躍の6名の研究者の先生方が,グループでの話し合いやリフレクション等を通して指導をして下さいました。
さらに先生方からは,ご自身の経験談や研究の進め方,博士論文をまとめるためにはどのような姿勢で日々の研究に臨む必要があるのか等について具体的なお話をいただきました。こんな贅沢な学びの時間はありません。

食事も贅沢でした。今年は,伊勢海老,山口県から届けられた地産のハム,三角あげ,ししゃも,三陸沖の分厚いホタテまで鉄板の上で焼き上げられました。
西の方には台風が上陸し,東北もあいにくの空模様ではありましたが,連日屋外でBBQをしたあとは屋内に場所を移し,私たちの熱い熱いディスカッションは夜遅くまで続きました。

メディア教育論ゼミはこの夏もまた一歩成長し,そしてみんなでつくる夏の思い出もまた一つ増えました。

(報告:D3臼井)

ペンション貸切で暑い議論
リフレクションの時間
夜は盛大にBBQ
集合写真

院生が学会賞を受賞しました(2017/7/10)

6th International Conference on Learning Technologies and Learning Environments (LTLE2017)にて,臼井さんが「Honorable Mention Award」を受賞しました。
静岡県浜松市で行われたAAI全体会にて表彰されました。

また,同じく臼井さんが,後日,日本教育情報学会「奨励賞」を受賞しました。
昨年度の年会での全発表者から1名だけが選ばれたものです。

メディア教育論ゼミの院生の研究がこのような形で学術的に認められることはたいへん嬉しいことです。
御指導・御助言いただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。
(堀田)

第25回ゼミ:2017/07/23(日)09:00-13:20

今日は東京学芸大学の高橋純研究室の学生さんもゲストとして参加し,何と17人が出席する大きなゼミとなりました。ゼミ生は研究の進捗を報告し,堀田先生からご指導やゼミ生からの意見を受けました。
堀田先生はゼミの最初に,研究者として生きるためのアドバイスをしてくださいます。この最初のご指導を私はいつも楽しみにしています。個々に向けた専門的なお話もありますが,それだけではなく,研究に携わる者としての心構えやあるべき姿についてお話してくださいます。今日のお話を一つだけ紹介します。「ある研究を調べるときに,研究方法や構造といったテクニカルなことだけを調べるのでは足りない。もっと人間臭く,その研究者の人生に近づいて,研究の背景やその時代に何があったのかを調べることも大切である。」と仰っていました。私は自身の論文のサーベイが甘いことを反省しつつ,研究者としての大切な心がけをまた一つ学ぶことができました。
ゼミにゲストで来られていた3年生の学生さんが最後の挨拶で,このゼミのレベルの高さを褒めてくれるとともに,自身はまだまだなのだと言葉を詰まらせておりました。3年生でそこまで感じることができる学生さんに感心するとともに,堀田研とはそういうゼミなのだ,と身の引き締まる気持ちになりました。
恒例のウィスキーリレーが行われ,危機一髪に剣を刺すのは4人でした。私も参加ができて嬉しい時間でした。私のリクエストに合わせて,板垣さんからすばらしい日本酒をいただきました。ありがとうございます。また,美味しいうな重をいただきました。堀田先生,いつもご馳走さまです。今日も頭の中もおなかの中もいっぱいになりながら大学を出ました。いつもゼミの時間は,私にとって色々な意味でとても贅沢な時間です。本日もありがとうございました。
(記録:D3稲垣)

17名が参加
今回は4名が査読論文通過
恒例のうなぎ