堀田龍也

tatsuya-horitaほりた・たつや / Tatsuya HORITA (Curriculum Vitae in English)
東北大学大学院情報科学研究科・教授(人間社会情報科学専攻メディア情報学講座)。人間社会情報科学専攻・専攻長。博士(工学)(東京工業大学)

略歴

1964年熊本県天草生まれ。1986年東京学芸大学教育学部初等教育教員養成課程数学選修卒業。1995年電気通信大学大学院電気通信学研究科情報工学専攻博士前期課程修了。2009年東京工業大学大学院社会理工学研究科人間行動システム専攻博士後期課程修了,博士(工学)(東京工業大学)。

1987年東京都公立小学校・教諭,1992年西東京科学大学理工学部経営工学科・助手,1996年富山大学教育学部附属教育実践研究指導センター・講師,1998年同・助教授,2000年静岡大学情報学部情報社会学科・助教授,2005年独立行政法人メディア教育開発センター研究開発部・准教授,2009年玉川大学学術研究所・准教授,2010年玉川大学教職大学院・教授を経て,2014年より東北大学大学院情報科学研究科人間社会情報科学専攻メディア情報学講座・教授(現職)。2019年同人間社会情報科学専攻・専攻長(現職)。

この間,2000年文部省・在外研究員(英国・カナダ),2001年東京大学社会情報研究所・客員助教授(併任),2004年より2006年まで独立行政法人大学入試センター情報関係基礎問題作成部会・委員,2005年東京大学大学院情報学環・客員助教授(併任),2006年より2010年まで文部科学省・参与(併任),2008年国立大学法人総合研究大学院大学文化科学研究科博士後期課程・准教授(兼担)。2013年より2014年まで北海道教育大学・招聘教授(大学教育開発センター)(併任)。

1997年日本教育工学会研究奨励賞,2009年同論文賞受賞。2011年文部科学大臣表彰(情報化促進部門・個人)。

研究分野

教育工学,情報教育・メディア教育,ICT活用授業,校務の情報化。特に小学校における情報化に伴う教育内容・教育方法の開発,学習支援システムや教材の開発,教員研修の開発等。教育の情報化に関連する企業との共同研究多数。

委員等

内閣官房 教育再生実行会議初等中等教育WG・有識者(2020-),同 デジタル化タスクフォース・構成員(2020-),同 技術革新WG・有識者(2018-2019),同 第1分科会・有識者(2014-2015)。中央教育審議会・委員(2019-),同 初等中等教育分科会・委員(2019-)/臨時委員(2015-2019),同 新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会・委員(2019-),同 教育課程部会・委員(2019-),同 情報WG・主査(2015-2017),同 教育課程部会道徳教育専門部会・委員(2014-2015),同 教員養成部会・臨時委員(2015-2019),同 教員養成のフラッグシップ大学検討WG・委員(2019)。文部科学省 情報活用能力調査に関する協力者会議・主査(2018-),同「教育の情報化に関する手引」作成検討会・座長(2019),同「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議・座長(2015-2016),同「デジタル教科書」の効果的な活用の在り方等に関するガイドライン検討会議・座長(2018),同 デジタル教科書の今後の在り方等に関する検討会議・座長(2020-),同 教育データの利活用に関する有識者会議・座長(2020-),同 小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議・主査(2016),同 学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議・座長(2016-2017),同 学習指導要領における各項目の分類・整理や関連付け等に資する取組の推進に関する有識者会議・座長(2017),英語「話すこと」調査検証WG・委員(2019)等多数歴任。

日本教育工学会・副会長(2017-)。日本教育工学協会・常任理事(2016-),同 会長(2012-2015)。日本教育メディア学会・理事(2006-),日本教育情報学会・理事(2011-)。特定非営利活動法人全国初等教育研究会(JEES)・理事長(2016-),特定非営利活動法人Educe Technologies・理事(2003-),一般財団法人LINEみらい財団・評議員(2019-)。NHK学校放送番組「Why? プログラミング」「しまった!」「メディアのめ」「伝える極意」番組企画委員。

これまで審査を担当した博士学位論文

  • 高橋薫(2010)作文過程における内省を促す支援の効果(お茶の水女子大学)(主査:内田伸子) ※現在,早稲田大学人間科学学術院・准教授
  • 脇本健弘(2013)初任教師を対象とした先輩教師による授業のメンタリング行為に関する研究(東京大学)(主査:中原淳) ※現在,横浜国立大学教職大学院・准教授
  • 神野美智男(2015)ケータイメール利用が現代青年の友人関係構築に及ぼす心理的影響(東北大学)(主査:和田裕一) ※現在,学校法人有朋学園有朋高等学院・校長
  • 橋本智明(2015)F.シューベルトの交響曲第1番 -初期交響曲におけるその独自性(東北大学)(主査:窪俊一)
  • 中尾教子(2016)小学校の教科指導におけるICT機器活用の受容過程に関する研究(総合研究大学院大学)(主査:近藤喜美夫) ※現在,株式会社内田洋行・主任研究員,昭和女子大学人間社会学部初等教育専攻・非常勤講師
  • 佐々木加奈子(2016)ライフストーリーの生成継承性に関する研究:協働の場の実践を通して(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,東北大学大学院情報科学研究科・博士研究員
  • 塚田 純(2016)Mediated Citizenship: The Tokyo Big Three Newspaper’s Depiction of the Normative Role of the Citizen in the Wake of Japan’s Postwar Independence(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,茨城大学全学教育機構国際教育部門・助教
  • SIHOMBING FEBRIANI(2016)Discourse of Indonesian Comics Manifestation of National Identity in Comics Exhibition in Indonesia circa 2005 – 2011(東北大学)(主査:窪俊一)
  • 小林博志(2017)雑誌『家の光』に見る農村女性における自意識の変化 -高度経済成長期における兼業化の進展を背景として-(東北大学)(主査:小林一穂)
  • 村岡哲至(2017)井上ひさしの音楽劇作品に関する研究 -歌とドラマの関係から見る特質とその変遷-(東北大学)(主査:窪俊一)
  • 登本洋子(2017)中学生に情報リテラシーを育成するための支援に関する研究(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,桐蔭学園中高等学校・教諭
  • 田中理紗(2018)おとぎ話による女子教育の観点からみたルプランス・ド・ボーモン夫人「美女と野獣」(東北大学)(主査:森田直子)
  • 三村泰一(2018)原稿用紙の時代──出版への定着まで(東北大学)(主査:堀田龍也)
  • 佐藤和紀(2018)小学校教師によるメディア・リテラシーの授業実践の支援に関する研究(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,信州大学教育学部・助教
  • 板垣翔大(2018)携帯情報端末により取得したセンシングデータに基づいた運動技能の学習支援に関する研究(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,宮城教育大学教育学部・専任講師
  • 槇誠司(2018)児童生徒の統計的データの読解力に関する研究(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,東京情報大学総合情報学部・教授
  • 臼井昭子(2019)美術科教育における鑑賞の学習を支援するデジタルコンテンツの提示手法に関する研究(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,山形大学・産学連携准教授
  • 齋藤玲(2019)学習におけるRetrieval Practiceに関する教育認知科学研究(東北大学)(主査:邑本俊亮) ※現在,宮城教育大学防災研修教育機構・特任助教
  • 橋本純次(2019)人口減少社会と視聴者の流動性を背景とした民放構造規制の展望(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,社会情報大学院大学広報・情報研究科・専任講師
  • 庄司知記(2019)フランツ・カフカの遠近法 -『審判』と『城』における「視点」の問題-(東北大学)(主査:窪俊一)
  • 佐々木徹雄(2019)劇づくりにおける子どもの内的ルール形成過程の教育的意義について(東北大学)(主査:窪俊一) ※現在,神戸医療福祉大学社会福祉学部・専任講師
  • 後藤心平(2019)ラジオ局による高校生のメディア・リテラシー育成プログラムに関する研究(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,テレビ山口・アナウンサー
  • 荒木貴之(2020)非同期型eラーニング環境における中高生による調整学習の支援に関する研究(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,武蔵野大学教育学部・特任教授
  • 詫摩京未(2020)数学教育における創造的学習態度の育成を目指した国際遠隔協同学習に関する研究(東北大学)(主査:和田裕一) ※現在,立命館宇治中学校・高等学校・教諭
  • 大久保紀一朗(2020)小学校高学年児童のマンガの読書実態と読解プロセスに関する研究(東北大学)(主査:堀田龍也) ※現在,島根県雲南市立木次小学校・教諭
  • 山本朋弘(2020)小学校段階におけるプログラミング教育の授業デザインに関する研究(東北大学)(主査:堀田龍也)(短縮修了) ※現在,鹿児島大学教職大学院・准教授

研究業績

科研費

ブログ