遠刈田合宿(第26回ゼミ):2017/8/5(土)~2017/8/7(月)

メディア教育論ゼミの3回目の夏合宿が,昨年に続き宮城県刈田郡蔵王町に位置する遠刈田温泉で行われました。
講師の先生方,ゼミ生,そして応援団の総勢28名が参加しました。

遠刈田は「とおがった」と読みます。道中,「遠刈田はとおがった(遠かった)なぁ」という人は一人もいませんでした。二度目の訪問だったからかもしれません。
しかし昨年と大きく違うのは,ペンションを貸し切りで使用させてもらったことです。2泊3日,朝から晩までまさに寝食を共にしながら私たちゼミ生は何をしたのかといいますと,自分と自分の研究に磨きをかけました。
ちょうど仙台にお越しだった第一線でご活躍の6名の研究者の先生方が,グループでの話し合いやリフレクション等を通して指導をして下さいました。
さらに先生方からは,ご自身の経験談や研究の進め方,博士論文をまとめるためにはどのような姿勢で日々の研究に臨む必要があるのか等について具体的なお話をいただきました。こんな贅沢な学びの時間はありません。

食事も贅沢でした。今年は,伊勢海老,山口県から届けられた地産のハム,三角あげ,ししゃも,三陸沖の分厚いホタテまで鉄板の上で焼き上げられました。
西の方には台風が上陸し,東北もあいにくの空模様ではありましたが,連日屋外でBBQをしたあとは屋内に場所を移し,私たちの熱い熱いディスカッションは夜遅くまで続きました。

メディア教育論ゼミはこの夏もまた一歩成長し,そしてみんなでつくる夏の思い出もまた一つ増えました。

(報告:D3臼井)

ペンション貸切で暑い議論
リフレクションの時間
夜は盛大にBBQ
集合写真